Event is FINISHED

【妙心寺退蔵院から無料生配信】別冊文藝春秋ライブトークVol.2 松山大耕(僧侶)×小川哲(作家)「ウィズコロナの時代に考える新しい看取りとお寺、精神世界の変容」

Description
文藝春秋の電子文芸誌「別冊文藝春秋」が展開する無料配信企画「別文ライブトーク」、第二回となる今回は、京都にある日本最大の禅寺妙心寺の塔頭「退蔵院」の副住職・松山大耕さんに、SF作家の小川哲さんが迫ります。

松山さんは禅寺の跡取りとして生まれながら、カトリック系の学校から東京大学で生命科学を学んだのち僧侶となり、禅宗を代表して前ローマ教皇にも謁見、世界経済フォーラム(ダボス会議)にも出席するなど、宗教の垣根を越えて幅広く活動し、2016年には『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」にも選ばれています。

その松山さんは今、コロナ禍で変容を余儀なくされた「看取り」のあり方について、思索と実践を深めています。
檀家さんの要望で法要をオンライン中継したときにいただいた予期せぬ感謝の声は、テクノロジーを駆使して、お寺が新しい「看取りの家」となりうる可能性を広げてくれた、といいます。
「たとえば看取りの場面で、『リアル走馬灯』とでもいうべき、人生の振り返りや、思い出の共有が実践できる仕組みを整えられたら。布団から見上げる風景にともに生きてきた人々の姿を映し出し、傍らで見送るご家族にもその思い出を受け継いでもらう。それはきっと、見送った側のみなさんのグリーフケアにもつながると思うのです」

こうした現代的アプローチがひとの心に及ぼし得る影響とは、また、ウィズコロナの時代にお寺という場所が出来ることとは一体何なのか。『ゲームの王国』や『嘘と正典』といった著作で世間を瞠目させた気鋭のSF作家・小川哲さんとともに、大胆に考察していくライブトークです。
本イベントは退蔵院からのライブ配信となります。通常は非公開の場所も含めて、美しい境内の様子もお伝えすべく、日暮れ前の配信となります。

*本チケットは、松山さん、小川さんへの質問も可能なZoomウェビナーの視聴券となります。PC、タブレット、スマートフォンが必要です(いわゆるガラケー、フィーチャーフォンには対応しておりません)。
チケット取得後、「マイチケット」で当該チケットを表示し、「イベントに参加」ボタンをクリックし、メールアドレスなどを入力いただければ幸いです。注意書きはそのページ下部にございます。Zoomをご使用されたことのない方へのご案内も、そちらにございます。
*当日は、Zoom配信と同時に、「本の話@文藝春秋BOOKS」のツイッターアカウント(@hon_web)でもライブ配信を行いますが、こちらでは質問は受け付けません。ご了承ください。








Fri Jul 24, 2020
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
ウェビナー無料視聴券 FULL
Organizer
文藝春秋イベント
989 Followers

[PR] Recommended information